お家は、マイホームか、賃貸か

あっきーです。

家は一生でも数少ない大きな買い物。
賃貸とマイホームどちらがいいかを私の個人的な視点でまとめます。

マイホームか、賃貸か

自分にとってどのメリットを活かし、デメリットを受け入れるかを選択できれば、おのずと決まります。

マイホーム

メリット

・賃貸と同じ家賃の場合、設備が賃貸よりもグレードが高い
・ローンを払い終えると管理費だけで済む(老後の家賃が少なくなる)
・ローンを払っている人が死んだ場合にローンが無くなる(保険)
・売るといくらかお金が返ってくる

デメリット

・隣人を選べない(迷惑な隣人だと精神的負担が大きい)
・引越しが面倒(取得や売却などに手間や費用がかかる)
・古くなったときに大きな費用が発生する(引越しか建て直しか)
・地震などで倒壊した場合、ローンだけが残る可能性がある(地震保険でも担保できない)
・大きな負債を抱えるため、転職、独立などをしたい場合にブレーキがかかる

賃貸

メリット

・引越しがすぐに出来る(自分の状況に合わせて住まいを選べる)
・負債はないため、賃金が下がったときは安い物件に引っ越すなどの対応ができる
・地震などで倒壊しても引越しすればよい(家財は保障されないですが)

デメリット

・掛け捨ての保険のように資産として残らない
・設備のグレードが低い(家賃を上げれば解決する)
・老後も家賃を払い続けないといけない

あっきーの結論

・一人暮らしのときは、転職や転勤などで移動することが考えられるので、賃貸のほうがすぐに引越しできてメリットが大きい
・家族構成が決まっていない場合、転職や起業、海外勤務を考えている方は賃貸のほうが状況に合わせて家を変えれるのでメリットが大きい
・賃貸だと住宅補助がでて、安く住める方は賃貸のほうがよい
・家族構成が決まり、10年は動く予定がない方は、安い中古住宅を買ってリフォームするのがオススメ

基本的に賃貸をオススメする理由

・状況にあわせて動きやすいことがメリット
・負債を抱えないため、自分から状況を変えることが出来る
・家族構成が変わっても、すぐに転居できる
・何事にもチャレンジしやすい

安い中古住宅をオススメする理由

・新築物件よりも安い(例外はありますが)
・自分がほしいスペックの設備を導入できる(生活レベルがあがる)
・物件の中身が見れて、間取りや天井の高さ、景観、周りの環境などを確認できる
・新築は広告宣伝、販売手数料などが2割ほど含まれているので、すぐに売った場合に価格が落ちる可能性がある
・今後日本は人口減少が予測され、建物があまってくるので、土地と建物の適正な価格である中古がオススメ
・投資と考えるには費用が大きいので、株や投資信託で投資したほうがいい(お金が有り余ってる人は別)
・ローンを支払っている人が亡くなった場合にローンが無くなる
・老後の費用負担が少なくなるため、長生きしたときの費用が節約できるので安心
・1982年以降の建物であれば、耐震技術も優れており、震度7でも倒壊の恐れは少ない(地盤に問題がある場合は除く)
・住宅ローン減税の適用範囲で、数年間は固定資産税よりも多く税金が戻ってくる

みなさんも、自分の条件をよく考えて、家の選択をしてみてください。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

インターステラー

次の記事

7005 黄金桂(LUPICIA)