エリアトラウト、東京湾 ボートメバル用スピニングロッド インプレ(ダイワ 16 イプリミ 60XUL)

釣り酒師あっきーです。

ボートメバル用で今持ってるクロステージの7ftメバルロッドよりも短めで、もう少しライトなロッドが欲しくて、いろいろ探したら、エリアトラウト用の竿がよさそうでした。
結果的に、ダイワのイプリミを選定してみました。

エリアトラウト、東京湾 ボートメバル用スピニングロッド インプレ(ダイワ 16 イプリミ 60XUL)

■選定要件

2月からボートメバルの時期で、毎年一度は行きたいと考えています。
経験から遠投は必要なく、ストラクチャー周りをワームでただ巻きするだけでいいので、短いロッドの方が釣りやすいです。
食い込みはよく、瞬時に掛けるというよりは、巻きあわせが基本なので、穂先が柔らかいものがよいです。
ただ、メバルロッドは基本的にショア用が多いです。
かなりこだわりのある仕様のものは値段が高いですし、頻繁に行かないことを考えると1万前後のロッドが望ましいです。

ほしい条件
長さは6ftくらい
キャストするルアーが3g以下
ラインもフロロ3lbとかPE0.4号あたり
食い込み重視のソリッドティップとか
ガイドがSICかアルコナイト
価格は一万前後

こんな条件で探すと、エリアトラウトロッドが気になりました。
これまでエリアトラウトはやったことないのですが、一本持ってるとそっちもチャレンジ出来そうなので、今回はエリアトラウト用の竿を買うことにしました。

■選定機種

安いものだとメジャークラフトのトラパラとか、ダイワのトラウトX、シマノのトラウトワンあたり。
このクラスはガイドがO-リングが基本で、たまにトップガイドがSIC。
ライトラインを使うので、できればALL-SICがいいけど、そうなると大体2万近く。
パームスのクアトロが去年リニューアルしてて欲しかったのですが、長さとパワーバランス的にピンとくるものがなく。

そんな中、たまたま見つけたのが、ダイワのイプリミ。
https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/trout_rd/iprimi/index.html
ALL-SICでKガイドだし、ブレーディングX採用で、少し上のクラスですが、お値段据え置きの1万円ちょっと。
2016年発売でだいぶ前のものですが、素材的にはそんなに悪くないので、これが一番気になりました。
2022年か2023年あたりにリニューアルされるかもしれませんが、待ってると期を逃すので、今回買うことにしました。
ソリッドティップの56XXUL-Sとその上の60XULで悩みましたが、今回は60XULにしました。
あまりにもライトすぎるのも使いづらそうという理由からです。
使ってみてもっとライトなロッドでも良さそうだったら、リニューアルされてから買い足します。

4ピースもありましたが、ライトなロッドで強度的に気になったし、私は基本的に車で移動が中心なので、今回は2ピースを選択。
4ピースが欲しくなったらパームスのクアトロを使ってみたい感じです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ(Daiwa) イプリミ 60XUL
価格:10626円(税込、送料別) (2021/12/26時点)

■レビュー・インプレ

届いて触ってみた感想はかなり細い。

これまで持ってたバスロッドのライトなソリッドティップモデルやメバルの7ftロッドに比べるとさらに細いです。

色使いはよく、1万前後の竿とは思えない感じ。雰囲気的には2万クラス。
とても軽くて、ライトウェイトのルアーが使いやすそうで、ボートメバルには良い印象。
魚のサイズも30cmくらいまでなら問題なく使えそうで、抜くのは怖いのでネットを使う感じですかね。
シーバスがかかったらかなり上げるのは大変そうw
次回はマイネットを持って船に乗ろうと思います。

2月以降のメバルでまずは使ってみたいと思います!
いつか芦ノ湖とかでトラウト釣りにも使ってみたいです!
使ったらレビューを追加しますね。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です